住宅ローンを滞納しそうになった時の対処方法

マイホームを奪われる人が急増

結婚をして、子供が生まれると欲しくなってしまう『マイホーム』。

 

しかし、現在は住宅ローンを組んだのは良いけど、返済が出来なくなってしまい、
マイホームを没収されてしまうケースが増えています。

 

 

 

マイホームを売りに出しても、住宅ローンの残高を帳消しにできる金額で売れないケースも多く、マイホームを売っても借金が残ると言う悲惨な事態が出ています。
家もなく借金もあると、やはり家族としては、暗くなってしまいます。

 

そうならないためにも、住宅ローンの借金返済は、やはりよく考えないといけません。
住宅ローンの返済で息詰まってしまった時に、何とかできる方法を考えないといけません。

 

住宅ローンの返済を、遅延していると、やはり督促状が来てしまいます。
なるべく早い段階で何とかしないと、やはり大変です。
払えなくなってしまった場合は、早めに相談しに行くことをおススメします。

 

特にリストラで長期の返済が難しそうな場合、相談をしておかないと、返済遅延で大問題になってしまいます。
1カ月分のちょっとした遅延であれば、許されることもありますが、さすがに数か月の遅延となると、大問題になります。

 

リストラでも「早く就職するから大丈夫」と思っていても、やはり勤め先が変わるような場合は、早めに連絡を入れましょう。

リストラは他人事ではない!

住宅ローンで困窮する原因の一つに『リストラ』があります。

現在はサラリーマンであっても、いつリストラされるかわからない情勢です。

 

これまで年収1000万円以上の生活をしていた人でも、リストラになってしまうと、住宅ローンを返済できる能力が突然なくなってしまいます。
貯金がある人であれば、それを崩して、何とか当面は凌ぐことが出来ると思います。

 

しかし、貯金がない人の場合、再就職をして、最初のお給料が出るまでに、かなりの時間がかかりますので、やはり住宅ローンを支払えなくなってしまうケースが出てきます。

 

また、リストラ後の再就職が長引いてしまう場合、やはり借金返済が厳しくなってきます。

 

そして更に恐ろしいのは、高収入だった人が、高収入だった時を基準にして住宅ローンの返済額を決めた場合、リストラ前と同じような高収入の職場を見つけないと、今後の住宅ローンが厳しくなってしまう可能性が高くなります。

 

これによって、就職が『どこでも良い』ではなく、『高収入限定』になってしまうことから、益々再就職が厳しくなってしまうこともあります。
そのため、住宅ローンの返済額というのは、やはり無理がない金額にすることが大事になってきます。

いざという時には共働きも!

住宅ローンを組んだ時には専業主婦だったとしても、何かしらの事情によって、どうしても住宅ローンの借金返済が出来なくなってしまった場合は、やはり『共働き』も一つの手段です。

 

借金返済のために、外に働きに出るのがイヤだと言う人もいます。

 

しかし、奥さんが協力しないと、実際には住宅ローンの返済は難しいケースも多いです。

 

借金返済が出来ないのに、専業主婦にこだわるのであれば、やはりマイホームをいつか手放すことになりかねません。
そのため、住宅ローンを組むのであれば、
やはり奥さんもマイホームのリスクについて、覚悟をしておく必要があります。

 

旦那さんがダメになった時に、いつでも働きにいけることが大事ですね。
専業主婦での優雅なイメージに憧れていた人にとっては、夢を壊される形になって、不満が貯まる人もいるかもしれません。

 

しかし、マイホームを購入するということは、それだけ大きな責任を持つ必要があります。
借りる金額がそれだけ大きいのですから、住宅ローンの返済が出来ない時には、やはり共働きをしてでも返す必要があります。

 

夫婦で協力をすれば、住宅ローンの返済も、少しは楽になります。
旦那さん一人だけに、住宅ローンの返済の負担を背負わせてしまうのは酷です。

最終手段は信用のあるうちにキャッシングも

住宅ローンの返済で、どうして『一か月だけ』足りない場合は、キャッシングを利用する手もあります。

 

長期の場合は、キャッシングをしてしまうとW借金になってしまうので辛いですが、短期の場合であれば、住宅ローンの返済はキャッシングで乗り切ることも悪くありません。

 

というのも、短期のキャッシングであれば、『30日間無利息』などのキャンペーンがあるからです。

 

 

1カ月以内に返済の見込みがあれば、こうしたキャッシングサービスを利用するのは悪い物ではありません。

 

ただし、住宅ローンの返済が長期になる場合はやめましょう!
短期で返せる見込みがある人だけが利用することをおススメします。

 

やはり短期の返済であれば、遅延するよりもこうした消費者金融系のキャッシングで何とかする方法もあります。
住宅ローンの返済遅延で悩んでいる人は検討してみると良いと思います。

 

その際、必ず『無利息』を利用できる消費者金融を選ぶのが一番良いです。
また、金利がかかったとしても、1カ月で返済が出来れば、それほど高くありませんので、お金が用意できた段階で返済をしてしまうのが良いです。

 

返済方法は、各消費者金融によって異なりますので、借り入れるの時にはチェックしておきましょう。